事実は小説より奇なり

1969年7月4日 カリフォルニア州で
若い男女のカップルがドライブインに停車中
拳銃で襲われるという事件が発生した
その直後に 犯人らしき人物から警察へ
「自分が殺した」と通報が入り
約1ヵ月後 新聞社に“ゾディアック”と名乗る人物から
犯行声明文と暗号が書いた手紙が届く
そこにはもう一件の別な殺人事件のことと
犯人でしか知りえない事実が書かれてあった


f1000725.jpg

その実話を元に作られた映画
「ZODIAC」(デビット・フィンチャー監督)


犯人の正体を明かそうと夢中になった
新聞記者のポール・エイブリー(ロバート・ダウニーJr)と
風刺漫画家のロバート・グレイスミス(ジェイク・ギレンホール)
現場では捜査にあたったサンフランシスコ市警の
デイブ・トースキー(マーク・ラファロ)と
相棒のウィリアム・アームストロング(アンソニー・エドワーズ)
この4人の男達が必死で追いかけて行くが
その後も殺人事件は続き、その度に声明文に翻弄され
人格や私生活まで壊されてしまう
容疑者は浮かぶものの決定的証拠は上がらず
結局この事件は迷宮入りとなってしまう


今から約40年も前に 世間を震撼させた
恐ろしい事件があったとは知らなかった
迷宮入りの事件を フィンチャー監督が
どういう形の作品にするのか、、
「セブン」のように殺人に焦点を合わせたものではなく
あくまで謎解きが主体。。
犯人が見つかってない というのは消化不良な気もするが
「セブン」の衝撃的なラストシーンでは
観終わった後の虚脱感があったので
事実は事実として受け入れなければならない

それにしても この監督、、やっぱスゴイ


********************

今日は父の日
映画の帰りに 娘がケーキを買うと言うので
ダンナの好きなお店へ寄った


f1000726.jpg

でも よっく考えたら
ランチ代も映画代も出したのは その父です(* ̄m ̄)

Comment

すぎちゃん  

ジェイク・ギレンホールってあれに出てたよね、ほら、あれあれ!
40年前かぁ・・生まれてないからわかんないなぁ(*^_^*)
パパン ケーキで骨抜きになったでそ♪
うちはベルトで骨抜きになってた;

2007/06/18 (Mon) 00:33 | EDIT | REPLY |  

フリル  

うちのパパが好きそうな 
映画だぁ〜(´∀`) 
mikiさん、こういう系も案外見るんでしたっけ? 
そういえば、私の(笑)正和様が出ている映画が 
土曜日からやってるんだった! 
もう映画館に10年以上行ってないけど(笑) 
見にいっちゃおうかと、思っている私です 
ぷぷぷっ (*^m^*)
そうかぁ〜父の日でしたねぇ 
パパさん、ケーキ喜ばれたのでは? 
気持ちの問題ですからねぇ(^3^)/ 

2007/06/18 (Mon) 04:25 | EDIT | REPLY |  

miki  

>しっかり生まれたすぎちゃん
ほら あれあれ、、と言われても
この人の映画観たの初めてのような気がするんだわ
その代わりロバート・ダウニーJrは
忘れもしない「チャーリー」で 見事チャップリンを演じた人です!
普段 あまり会話のない娘からのプレゼント
ダラリン 鼻の下伸びまくりだったろうなぁ^m^
うちは最近 父が帰って来る前に寝てるし
起きたらもう居ないし
なんか久しぶりに会ったって感じだったよ
だからきっと昨日は父は楽しかったに違いない

2007/06/18 (Mon) 16:10 | EDIT | REPLY |  

miki  

>フリルさん
パパさん こういうの好き?
あたしも推理物とか大好きだよ(^^)v
先週の慎吾のスマステ見なかった?
田村正和がゲストでインタビューに答えて
「正和伝説」の真意を聞いてたよ
フリルさん 見てるかなぁと思った(^^)
今度の映画はラブストーリーらしいけど
年齢に負けずに色気出せるでしょうか
楽しみだね(^.^)
ケーキはもちろんだけど
一緒に出かけたことだけでも嬉しかったと思う
やっぱ娘は特別なんだろうね(^_^)

2007/06/18 (Mon) 16:18 | EDIT | REPLY |  

Add your comment