信頼できる医師が居る幸せ

f1000707.jpg 昨日届いたpHチェッカー


まずはチェックの仕方を試してみなければ、、と
夕方の散歩のオシッコを取って調べてみると
pH値は“弱酸性”の範囲内だった
動物病院へ電話して 明日フードを買いに行くことと
この前会えなかった若と話がしたいことを伝えておいた
新しい先生を信用してないわけではないが
今後のことも含めて 若の意見が聞きたかったから。。。


今朝、ラムっちが起きてすぐのオシッコを調べても
やはり“酸性”(正常)
pH値は1日の内でも変動があるのはわかってるけど
チェッカーの信用性を確かめる意味でも
このオシッコも検査してもらおうと思い
診察を受けるつもりで病院へ行った(ラムっちはお留守番)


土曜日はやっぱり混雑している
受付のAHTに事情を説明して
診察という形にしてください と受付表に名前を書こうとしたら
「ラムちゃんが居ませんからいいですよ(^_^)
 その代わり検査するお時間だけくださいね」

申し訳ないですぅ(T_T)


呼ばれたのは数分後、、
まずは若が検査結果が出てる紙を見せてくれた
pH値5.5、、家で調べたのと変わらない
チェッカーの存在を知らないようなので
持って行った実物を見せると手に取って興味深く
へぇ~。。と感心しながら見ていた


そして私が疑問に思っている
ネットで調べて遭遇した対処法を出して聞いてみた
ひとつは 運動させて食事を肉(魚)中心にするというもの
ひとつは 手作りの食事に切り替えるということ
そして 1番引っかかっていた
一切オヤツを与えてはいけないのか?ということ

まず肉食や手作り食に替えるというのは
今ラムっちが 療養フードを喜んで食べてるのに
私がそこまで負担することはないと「う~ん。。」と困った様子
もちろん 私もそのつもりはないのでこの話は終り
問題のオヤツの件は
この3日間 今までのフードに療養フードを混ぜて食べさせ
オヤツはササミの手作りジャーキーやボイルしたものを
少量与えたことも正直に告白した


ラムっちの場合 年齢を考えると
これまでそういうことがなかったということは
持って生まれた体質ではないことは言える
(もしそうであるなら とっくに検査で引っかかっている)
今年の3月まで正常だったということは
元々は健康な体を持っていた

リンやマグネシウムを排出できない体質に変わったとしても
普通500の許容量が必要なところ
100しかない子も居れば150、200の子も居るわけで
今のラムっちは200かもしれない
だとしたら 療養食+少しのオヤツを与えても
排出範囲内かもしれない
そうだとしたら この先落ち着いて安定期に入ったら
それ用のフードに切り替えることもできるそうだ

もしラムっちが2~3歳なら 持って生まれたものだから
療養食のみでオヤツは絶対禁止!と言います
ただし 定期的に検査させてもらえるなら
様子見ながらやっていきましょうか とお許しをもらった
最後に市販の物ではなく手作りが良いかと聞くと
どちらにしてもミネラル(リン、マグネシウム、カルシウム、鉄 など)
が入っているので そう大差はないでしょう
ほうれん草にはマグネシウムが入ってますよね(^_^) と。。

病気によって食べて良い物、悪い物が変わってくる
ラムっちみたいに皮膚が弱い子が制限してるものが
ストラバイトには○だったりもする
あちらを立てればこちらが立たずで
それを追求していくと頭が混乱してしまう
そんな話をすると 私が神経質になることを心配してくれた
だからストレスにならないよう
「pH値を調べるのもほどほどに
 このチェッカーを10年間は使ってください(^_^)」
というのが若の最後の言葉だった

そして会計を済ませると フード代しか請求されない
忘れてるのかと思い尋ねると
「検査と言っても簡単なものですから
先生がフード代だけでいいと言ってました(^_^)」

申し訳ないですぅ(T_T)


色んな意味で ここの病院の存在は有難いなぁと思う
医師の指示に素直に従って
「療養食だけでやります!」と言う飼い主なら
若も悩まずに済んだだろうに・・・
疑問をぶつけてもイヤな顔ひとつせず答えてくれて
こっちの要望にも応じてくれた若に感謝<(_ _)>


ということで 今日から療養食を中心に
(ラムっちが選んだのはコレ↓)

f1000708.jpg
「ウォルサム pHコントロール」

お楽しみのオヤツも
少しは与えながらやって行こうと決めました
普段の生活を通して
ラムっちの変化に気を配るのは飼い主の役目
特別なことだと思わず まずは一ヵ月後の検査に向けて
明るく楽しく いつも通りに(^^)v

Comment

すぎちゃん  

くるちんがよく言うんだけれど
獣医さんにとって困るのは自分で調べて逆に混乱してしまったり
「こうですから」と言っても「知ってます」とか
「○○にはこう書いてあった」っていうタイプの飼い主さんらしい;
「こうみたいなんですけど、どうでしょう?」って聞いてくれると
お互いのお話もスムーズにいくらしいよ。
これ、豆知識な(2チャン風に)
獣医さんは専門家だし、日々勉強しているし(全部がそうじゃないけれど;)
でもやっぱりお互いに人間だから相性ってもんもあるよね。
若とはその点ぴったしでないの♪
上手にミキちゃんの不安を取り除いてくれるし
質問にもちゃんと答えてくれるし
何よりも気持ちを理解して少しでも楽な方に導いてくれるのが素敵っ。
こんこんも癲癇の発作時々起こしながらも、お薬飲まないで頑張ってるし
小さな変化はやっぱし飼い主の目に勝るもんはないよね。
大事な大事な家族を思う気持ちはみな一緒やねん♪
これからもながーく一緒にいるんだから、ゆーっくりとながーい気持ちでお互いに頑張ろうな!

2007/06/10 (Sun) 02:50 | EDIT | REPLY |  

miki  

>すぎちゃん
人間の病気にしたって
今は簡単に色んな情報が手に入るから
調べて行く内に逆に不安になる人が多いと思う
そんなモヤモヤしたものを 目の前に居る医師に相談できて
その結果スッキリできたら1番いいわけで。。
正直 前までは院長をご指名しようかと思ったこともあったけど
7年間のお付き合いで 若には何でも言えるようになったなぁ。。と感じたよ
これは本当にラッキーだよね
このフードにしたことで体重が増える場合もあるんだって、、
ラムっちも それぐらいガツガツ食べてるよ
あとは皮膚の状態にも気を付けて
時々pHも調べながら のんびりやっていくよ(^^)

2007/06/10 (Sun) 09:01 | EDIT | REPLY |  

フリル  

やっぱり いつもの先生に 御意見聞きたいですよねっ(^-^)
分かります 分かります
☆そして 1番引っかかっていた
一切オヤツを与えてはいけないのか?ということ☆
これも 凄く 気になりますよねぇ(≧ε≦) 
やっぱり ご褒美とか わんこは よろこびますものねぇ
でも 少しあげれるようなので 良かったですねっ
ラムちゃんに あげても良い お野菜を おやつでも
良いですねっ
しかし 良い病院ですねっ(^-^)

2007/06/10 (Sun) 10:13 | EDIT | REPLY |  

yuring  

「信頼できる」って、もの凄く重要な事だよね!
病気の重さによっては命をあずけるわけだから
信頼できない医者の言う言葉は受け入れられないもん。
mikiさんとラムっちは若先生に出会えて幸せだよね♪
いろんな疑問にちゃんと答えてくれて、なおかつ精神面も気遣ってくれる先生ってそうそういないと思います。
今まで通り、明るく楽しく頑張ってね(`・ω・´)ゞ

2007/06/10 (Sun) 15:11 | EDIT | REPLY |  

miki  

>フリルさん
どちらかと言うと 
ラムっちはおやつ少な目でやってきたんだけど
私が仕事から帰ってからは
「お約束」みたいにしてたからねぇ
それを無くすのは こっちも辛かったわけで(^_^;
でも思い切って相談してみて良かったよ
2時間待たされても苦にならない要因は
決して腕だけでなはく 先生を始め
ここのスタッフの温かさだと思う(^^)v

2007/06/10 (Sun) 18:12 | EDIT | REPLY |  

miki  

>yuringさん
子供が小さくて症状を訴えられない頃は
まず評判のいい病院を探すよね
そういう意味では 動物病院って小児科の感覚に似てるよ
小児科とはいずれ縁が切れるけど動物病院は一生だもんね
だから この病院と出会えたこと
車で15分ぐらいの場所にあること
感謝 感謝だよ(^^)
ラムっち めっちゃ元気だからね
今も ご飯くれ!って言ってるよ~(^o^)

2007/06/10 (Sun) 18:19 | EDIT | REPLY |  

yuzupyon  

よかった、よかった!(^^)!
ラムっちもおやつなし・・にならんで。
やっぱり若、、す・て・き☆
ゆずも院長から若に変わって3回くらいみてもらったけどホントに気さくに相談できるよね。
ゆずの血便の時も思いつく原因をひとつずつゆっくり話してくれて診察室出る時はいつもスッキリした気分になれるのは前の病院ではなかったなぁ~
遠いからって行けなかった6年間を悔やむわ。。
ホントにいい病院紹介してくれてありがとー!!
 ラムっち、元気でいてよ、、近い内またあそぼー!by ゆず

2007/06/10 (Sun) 20:52 | EDIT | REPLY |  

nanbu  

若先生も知らなかったPHチェッカーを見つけたなんて。
mikiさんのラムっちを思う気持の為せる業でしょうか。
>「その代わり検査するお時間だけくださいね」
↑何気ないこんな一言にも病院の姿勢が感じられるような気がしました。
オヤツの許可も出たし。
なるべく負担がかからないように考えてくれるのもありがたいですね。(^^)

2007/06/11 (Mon) 09:17 | EDIT | REPLY |  

ポージィ  

pHチェッカー届いたんですね!おぉ~、本格的。
ほんと良い病院(先生&スタッフの方々)だと改めて思いました。
人間を診る医師について、時どき病気やデータばかり見て
患者本人のことを見ていない、という人がいますけど、
この動物病院のドクターやスタッフの方たちは、患者、
病気、飼い主さん、全部にちゃんと気遣いが行き届いて
いますね。そしてちゃんとした技術もあって。
信頼できる動物病院・ドクターとめぐり合えたこと、ほんと
良かったです。
若先生のおかげもあって、カチカチに神経質になることなく、
明るく楽しく自然にラムっちのこと見守っていってあげられますね。

2007/06/11 (Mon) 11:33 | EDIT | REPLY |  

miki  

>yuzupyon
心配かけたねぇ。。。
でも こういう結果になっただよ(^^)
療養食も喜んで食べてくれてるし
今んとこ これと言って問題もないよ
この時は ちゃんと順番待って診察受けるつもりだったのに すぐ呼ばれるし
しかも いつも通りに紙に書いて説明するから時間もかかるっしょ?
他の人達に申し訳なかった(^_^;
あたしは よその動物病院を一軒しか知らないけど
何度行っても 期待を裏切らないって言うか
同じ医療関係の仕事してて勉強になることも多いよ
今度は家に遊びに行かせてもらうね~ヽ(^o^)丿

2007/06/11 (Mon) 17:01 | EDIT | REPLY |  

miki  

>nanbuさん
はい おかげさまで こういう方針でいくことになりました(^^)
ネットで色々調べましてぇ、、と言ったら
若は苦笑いしてました
チェッカーの箱の英字を読んで
「ここの会社は古いので信頼できますね」
とまで言ってくれました
内心 呆れてたかもしれませんが(^_^;
何はともあれ 頭ごなしに否定されなくて良かったです
今度から「若」ではなく 本名で登場させてあげようかな(^o^)

2007/06/11 (Mon) 17:06 | EDIT | REPLY |  

miki  

>ポージィさん
このチェッカーを見て AHTの子が
「色んなものを調べて遊んでも楽しいですよ(^o^)」
と言ってました
一回に4cmぐらい使ったら100回ぐらいは使える代物なんです
便利な物が ネットで買える便利な世の中ですよね
ここの病院の良さは 今までにも何度も味わってきましたけど
今回またひとつ○が増えました
ラムっちが歳を取れば取るほど
関わることも多くなると思いますが
もう他の病院にかかろうなどとは思いません(^^)
追伸
「奇跡の母子犬」
見させてもらって 他の所で紹介させてもらいました

2007/06/11 (Mon) 17:14 | EDIT | REPLY |  

Add your comment