無力

去年の暮れ 我が家で大騒動が起こった時
身近な友人達からは電話で
遠く離れてる友人達からは携帯メールで
沢山の優しさを貰って 私は乗り越えることができた
あの時の「声」は記憶の中に
メールは保存という形で携帯の中に残している
どちらも大切な宝物。。。

その中の一人の友人が 今子供のことで悩みを抱えている
近くに居れば すぐにでも飛んで行きたいけど
それもままならず、、
メールという形で話を聞いてあげるだけで時間が過ぎて行く
「文字」だけのやり取りは どこまで真意が伝わるかわからない
もしかしたら 彼女の思いの半分も
わかってあげられてないのかもしれない
感じたことを文字にして返信するだけの繰り返し
それが彼女の元気に繋がるほど事は簡単ではないから
気が付くとため息ばかりついてる


先日 他の友人とあることの打ち合わせを
メールでやり取りしてたら
まるで反対のことに受け取られていたことがあった
こういう業務連絡みたいなことは
すぐに訂正して笑い話で済むことはあっても
「気持ち」の面を文字に表すのは難しい
返事があるまでは 相手がどう受け取ったのかわからないし
ましてや 返事が来ない となると不安にもなってしまう

平凡な日常の中にも感情の変化はある
そんな時に何でもないメールが届いて
元気を貰えることもある 
ある人に
「悩みそのものより その人のことが心配なもの」
と言われた時 頑張ろう!と思うことができた
私にそういう大切な人が居るように
彼女の側にもビタミン剤のような人が居てくれたらな。。

でも最後に乗り越えるのは自分自身だ
だから 彼女を信じて待っていようと思う
一日も早く心穏やかに暮らせる日が来ることを願いながら。。。

Comment

nanbu  

言葉にしなければ伝わらないけれど、言葉でも伝わらない時ってありますよね。私も「文字」だけのやり取りの頼りなさを感じる時があります。
でも、相手に受け入れようという気持さえあれば伝わると信じています。
離れていても、気持に寄り添ってもらえていると思えれば心強いですもん。
きっと「その人のことが心配」というmikiさんの気持は、しっかり伝わっていると思いますよ。(^^)

2007/04/14 (Sat) 12:42 | EDIT | REPLY |  

すぎちゃん  

あたし達って知り合ってからまだ6年くらい?
それでも色んな事があってこゆい時間を過ごしてると思うの。
会ったりメールしたり電話したり・・
こうなんだろうか とか こう思ってるんじゃないかな とか想像したり心配したりするじゃない?
少し言葉足らずの声を掛けたとしても、お互いの心の中にあるものが強いと10が100になって伝わったりするじゃない?
でも学生時代の友達って幼かった分、今だったら普通にやり過ごすことが出来ることがもっと言葉足らずで無駄に喧嘩したりしながら、それでも離れられずに今に至って・・っていう子が今一緒にいたりするんだと思うの。
自分にも心があって、子供にも心がある。
こうだよ って簡単に言えない分、親の心は乱れに乱れるよね。。
子供には切り札があるんだよね、大人はわかってくれない とかって。
でも親には切り札がないんだよね。
切ったろうか!?って思っても、そう簡単にはいかない。
そんなジレンマの繰り返しなんだと思う。
あたしもねぇ・・忘れないよ、あの時の皆の言葉。
さり気ない言葉のひとつにも相手の必死な心が伝わってくる。
頑張って、元気出して って単純に言えない問題だよな;と思いながら言葉を一生懸命に捜している。
飾った綺麗な言葉1つ貰うより、不器用な言葉5つ貰った方がずっと心に響く。
会って抱きしめてあげられたら、言葉なんかいらなくて気持ちが通じるのにって歯痒く思うけれど
そんな不器用な言葉は何倍にもなって届いているんだと思う。

2007/04/14 (Sat) 15:16 | EDIT | REPLY |  

ポージィ  

機械が打ち出した文字より手描きの文字、
書かれた文字より電話の生の声、電話の声より顔を見ての言葉、
って思いますけれど、顔をあわせていてすら真意が伝え
きれないこともあれば、メールのたった一言が大きな力に
なることもあって、言葉の力って複雑で不思議です。
言葉を操る人間の性格やその時どきの気分が色々だからこそ
なのでしょうけれど。お互い相手のことをどれくらい思っているか
でも変わってくるものなのでしょうね。
mikiさんの思いは、きっとその方にも届いていると思います。
聞いてもらって、ただただ、そうだね分かるよ、と言って貰うことが
最大の慰めや励ましになることもありますし。

2007/04/14 (Sat) 18:16 | EDIT | REPLY |  

miki  

>nanbuさん
そうですね、、確かに口に出した言葉でも
誤解されたりすることがあります
だから一層メールというのは便利であっても
不便でもあるわけで・・
気持ちだけは 思いっきり寄り添ってるつもりなんですけど
受け取る方にその余裕がない時は
何も言わずに見守ってる方がいい場合もありますよね
今はそういう時なのかもしれません
でも本来は明るい性格の人なので
いつかきっと、、また笑える日が来ると信じてます(^_^)

2007/04/14 (Sat) 21:26 | EDIT | REPLY |  

miki  

>すぎちゃん
はじめまして~ から入れたら6年ちょっとかな
この6年はお互い色んなことがあって
予想もしない展開に悩んだり凹んだり・・
大人になってから友達になれることなんて
そうはないと思うから やっぱ特別だったんだなって思うよ
昔からの友達ってのは言葉に飾りがないでしょ?
ストレートに気持ちをぶつけて来るから
ついこっちも言葉がきつくなったりもして・・・
でも 今更上辺だけの付き合いなんてできないからさ(^_^;
子供は時に残酷だよね
親をスーパーマンだと思ってるんじゃないだろかって思う時もある
同じレベルで喧嘩できないから我慢してることなんて
多分気付いてないだろうなぁ
今は何も言えなくても 少し落ち着いた時に
声が聞きたいな と思ってくれたら
それでいい、、いつまでも待ってるし。。

2007/04/14 (Sat) 21:41 | EDIT | REPLY |  

miki  

>ポージィさん
ホント 言葉の「不思議さ」「魔力」って感じますね
特にこの歳になってからの方が
そういうことに敏感に反応してるような気がします
誰かに相談事を持ちかけられた時 
いつも私は私の言葉で返すようにしています
元々「頑張れ」という言葉は好きではないので
私ならこう言われたら励みになるかな
と想像しながら言葉を選んでます
それが相手の心に届いた時はホッと一安心(^_^;
ひとりではないよ ということだけでも
彼女の心に届いてくれたらいいんですけどねぇ

2007/04/14 (Sat) 21:59 | EDIT | REPLY |  

koko  

お友達、元気になれるといいですね。
>まるで反対のことに受け取られていたことがあった
これ、経験があります。
保育園の謝恩会の打ち合わせをメールでしていたとき。
まったくの誤解で、メールだけでなく電話したり直接話したりで誤解だとわかってもらえたのですが、結局その人と、彼女の仲良しさんは謝恩会を欠席するという最悪の事態となってしまいました。彼女も自分の誤解がはずかしかったのかもしれません。
どんなに相手を思いやり、誠意を持って対応しても誤解されたりわかってもらえないことってあると思います。でも、それで懲りてはいけないな、と気持ちを切り替えました。
お友達は、きっとmikiさんに聞いてもらえるだけで癒されていると思います。きっと、きっと・・・・
この間、投稿ボタンを押し忘れたのか、コメントしたのに載ってなくてショックを受けてました。今日はしっかりと押すぞー。

2007/04/16 (Mon) 12:44 | EDIT | REPLY |  

miki  

>kokoさん
はい 今日はしっかりコメントついてました
ありがとう~ヽ(^o^)丿
kokoさんも メールの行き違いありましたか
私の場合は笑い話になったけど
受け取る方によっても また違ってくるもんですね
だから やっぱり文字だけのやり取りは難しいんだ・・・
土曜の夜遅くに 電話がかかって来ました
話そうと思える余裕ができたのは嬉しいことです
そして声を聞いた私もホッとしました
もう少し時間がかかるでしょうけど
遠くから見守っていきますね(^^)

2007/04/16 (Mon) 19:40 | EDIT | REPLY |  

Add your comment