クリスマスの朝に・・・

春になったら一緒に散歩行けると信じてた

満開の桜の木の下を

アルとラムっちでブイブイ言わせながら。。

ゆっさゆっさ尻尾を振りながら堂々と歩くアル

その横を短い足でチョコチョコ着いて行くラムっち

天敵わんこを見つけると2匹で威嚇して

我が物顔で歩くのを楽しみにしていたのに



クリスマスの朝 アルは逝ってしまった



家族や親しい人達に囲まれて

ちゃんと「ありがとう」と言えるよう

家族が出勤する前の時間に合わせるよう

みんなに「サヨナラ」して逝ってしまった

アル、、最期にそんな良い子になるなんてズルイよ


思い出がいっぱい甦って来て

もう一緒に歩けないなんて信じられない

いつかはこんな日が来るのはわかってた筈なのに

ダメだね、、なかなか受け入れられないよ


ラムっちはアルが大好きだったんだよ

会えば必ず走って飛びついて耳を舐めて好き好き攻撃してたでしょ?

家の前を通ったら必ず門の前でアルが出てくるのを待って

一緒に散歩へ行けるのワクワクしながら待ってた

アルが天国へ行ってしまったこれからも

やっぱり同じように門の前で待つのかな

それよりまだラムっちに言えないんだ、、

アルが居なくなるなんて・・・



**************

昨夜 友達のわんこが亡くなったと知らせが入り
そして今朝になってアル母K子からも悲しい知らせが。。

夜中に容態が急変し
今朝6時 アルは虹の橋を渡りました
アルは見事なぐらい立派でした
病気と闘った2ヶ月間でさえ 私にも笑いを与えてくれました
最後はラムっちと共に
「ありがとう」の言葉で見送ってあげたいと思います

少しだけ先に逝ったバウくん
もうアルには会えたかな。。。


アルのことを心配し 励ましてくださった皆さん
本当にありがとうございました<(_ _)>

Comment

yuzupyon  

春の日差しの中、
あの桜道の散歩ゆずも仲間に入れてくれる・・って言ったじゃん。。
早すぎるよ、、突然すぎるよ、、
クリスマス、サンタさんにはトナカイさんがいるんだから、アルを連れてかないでよ~~
アルママの気持ちを思うと心が痛い。。
ご冥福をお祈りします。。。

2006/12/25 (Mon) 21:40 | EDIT | REPLY |  

yuring  

少し元気になりつつあったアル君を思うと突然すぎて実感できません...
だけどアル君は幸せだったと思います。
家族に愛され、mikiさんやラムっち、多くの人に愛されていたもんね,,,
mikiさん、アルママを支えてあげてくださいね。

2006/12/25 (Mon) 22:46 | EDIT | REPLY |  

koko  

アルくん、ありがとう。
ラムっちとのツーショットには和ませてもらってました。
悲しいけど、ありがとうって言いたいですね。
私の頭の中にもいつもあることです。
いつかくるんだなって。
こゆきと別れなくちゃならないときが来る。
その時は、楽しかったことを思い出して
「ありがとう」って言いたいです。

2006/12/25 (Mon) 23:05 | EDIT | REPLY |  

miki  

アル母K子さんからも 
みまさまによろしくお伝えください
と伝言もらってます
>yuzupyon
なんだか突然過ぎて まぁだ実感湧かないんだよ
でもK子さんは覚悟してたからか
しっかりと受け止めてる 
「クリスマスに逝くなんて
アルって素敵だと思わない?」
って言うから
あたしは「思わないよ(>_<)」って言い返してやった
どっちが飼い主かわからない状態だね(^_^;
アル家にはチワワも2匹いるじゃん?
その子達が 場を和ませてくれてるよ

2006/12/25 (Mon) 23:48 | EDIT | REPLY |  

miki  

>yuringさん
いつもアルのこと応援してくれてたのにね
こんな結果になって残念だよ
今アルの周りにはお花やお菓子や果物でいっぱい
お別れに来る人も沢山居て
ホント幸せなワンコだったと思ったよ
確かに ラムっちと並ぶ喧嘩買います!なわんこだけど
アルは女の子だよ(^^)
なのに ラムっちが大好きだったってのがねぇ
きっとお姉ちゃんみたいに思ってたのかなって。。。

2006/12/25 (Mon) 23:52 | EDIT | REPLY |  

miki  

>kokoさん
アルとラムっちは♀なのに ふたりで居ると俄然強~くなって
きっと町内のブラックリストに載ってる(^o^)
って言ってたんです
相棒が居なくなって 本当寂しい。。
そう、、いつかは来る別れ
その時はちゃんと受け止めなきゃいけないんですよね
せめて悔いのないように
ここの家で良かったと思ってもらえるように
精一杯 愛情注ごうと思います

2006/12/25 (Mon) 23:57 | EDIT | REPLY |  

すぎちゃん  

アル お疲れ様、よく頑張ったね (^-^)
今年は虹の橋は大賑わい・・
チビはそろそろしゅなおの相手するの、疲れ果ててるんじゃないかと思うの;
アル、しゅなおと沢山遊んであげてね。
バウ バウも最後までいい子だったねぇ・・
チビと一緒にのんびり日向ぼっこでもしてあげてください。
チビは耳を舐められるのが好きだったので、舐めてみて不味くなかったら舐めてあげてください♪
2人とも、ゆっくりゆっくり休んでください。
もうどこも痛いところはないはずだから・・

2006/12/26 (Tue) 02:15 | EDIT | REPLY |  

nanbu  

アルちゃんは、ラムっちの親友だったから。
お気持ちお察しします。
ラムっちと一緒にひなたぼっこしてる姿は、とっても穏やかそうでしたね。
『虹の橋』の詩も拝見しました。
インディアンの方達の古い伝承にもとづいているとか。
とっても穏やかで柔らかですね。

2006/12/26 (Tue) 10:15 | EDIT | REPLY |  

ポージィ  

悲しい別れの知らせが続いてしまいましたね。
アルちゃん、きっと持ち直すんだと思っていただけに
とても残念です。
ラムっちも寂しくなっちゃいましたね。
でもアルちゃん、見事でした。立派でしたね。
与えられた情況を黙って受け入れる動物達の姿には
いつも本当に頭が下がります。
全ての辛さから開放されて、アルちゃんもバウちゃんも
今頃軽やかに走り回っていますね。
ご近所でも、13歳のラブラドール犬・サムの気配が
最近薄くて(外から見えないんです)、心配です。
夏にはよたよたと歩き回る姿をたまに見かけて
いたのですが…
サムも虹の橋を渡ったのかもしれません。

2006/12/26 (Tue) 11:51 | EDIT | REPLY |  

フリル  

アルちゃん 旅だったんですねっ
(T.T)
この前 日向ぼっこをしていた アルちゃんを思い出して 涙が出てきちゃきます
大切な 大切な家族がこの世から いなくなるなんて・・・
アル母さんの お気持ち お察し致します
ラムちゃんも きっと 探すんでしょうねぇUTェTU クゥーン
アルちゃんの ご冥福をお祈りいたします(-人-)

2006/12/26 (Tue) 13:05 | EDIT | REPLY |  

miki  

>すぎちゃん
そうだよね、、
天国にはチビちゃんもしゅなおも居る
そこにバウとアルも加わって
賑やかに走り回ってるかもしれないね
なかなか言えなかったけど
今夜ラムっちにも会わせてきたよ
明日はもう泣かない、、
絶対笑って見送ろうと思った(^^)

2006/12/26 (Tue) 21:01 | EDIT | REPLY |  

miki  

>nanbuさん
親友であり悪友であり、、(^^)
凸凹コンビが見られないと思うと。。。
あの日向ぼっこが 
アルとラムっちが一緒に居た最後になってしまいました
あの時の静かなひとときは忘れられません
「虹の橋」は最愛のパートナーを亡くした人にとって
励ましにもなる詩です
きっと多くの人が癒されてると思います(^^)

2006/12/26 (Tue) 21:10 | EDIT | REPLY |  

miki  

>ポージィさん
本当に まさか、、でした
もう1度復活するアルを見れると思ってましたから。。
ラムっちはわかってるのかわかってないのか、、
アルの家で愛想振り撒いてました(^_^;
だからこそ やっぱり癒しの存在ですね
サム、、どうしちゃったんでしょうね
今回思ったのは 大型犬が亡くなると
体の大きさも加わって 
存在が尚更大きく感じられるということです
明日 最後のお別れをしてきますね

2006/12/26 (Tue) 21:23 | EDIT | REPLY |  

miki  

>フリルさん
動物と一緒に暮らせば避けては通れないこと
頭では理解していても心が着いて行かなくて。。
でも いつまでも泣いてばっかりじゃ
アルにもバウにも怒られそう(^^)
ラムっちは相変わらずアル家の前で止まるんだ
今度からはチワワ達と一緒に散歩するよ
アル同様 仲良く歩いてくれたらいいんだけどねぇ

2006/12/26 (Tue) 21:31 | EDIT | REPLY |  

Add your comment