「さっすがプロ!」

ハリウッド映画などで 主人公がカウンセリングを受けてるシーンがある
欧米などでは 特に病気ではなくても
定期的にカウンセリングを受けるのが普通なんだろうか・・

娘も週に1回 カウンセリングの時間を持っている
決められた時間内に 胸の内を話すのは
時には消化不良のまま終わることはないのか?と聞くと
ちゃんと切りのいいとこで終わらせてくれるよう
話を持って行ってくれるらしい
そして 上手く自分の気持が表現できなくて
何て言おうか。。と考えている時には
“そう、それっ!”という ドンピシャな言葉で補ってくれると。。
それで娘の口から出たのが カウンセラーは「さっすがプロ!」だった

日本では まだまだカウンセラーの数が少なくて
どの病院も患者さんは予約待ちだと聞く
また やっと受けれるようになっても
カウンセラーとの相性が悪かったら決して良い方向には行かない
心を解きほぐすことは いくらプロでも簡単なことではないのだと思う
娘の担当のカウンセラーは“ポワっとした人”らしい
いいカウンセラーに巡り合えて 親子共々感謝♪









Comment

yuko  

合う人でよかったよ~~
いくらプロといえ、人間関係だから、相性ってあるもんね・・・
アメリカでは、もっともっと当たり前のことなんだってね・・・
あたしも、カウンセリング受けてみたい・・・

2005/02/27 (Sun) 22:31 | EDIT | REPLY |  

miki  

>yukoちゃん
最初は不安がってたし 疲れるぅって言ってたんだけど
回を重ねるごとに慣れてきたみたい
>あたしも、カウンセリング受けてみたい・・・
お互い溜めないようにしようね!(^_^)v

2005/02/27 (Sun) 23:41 | EDIT | REPLY |  

Add your comment