何があっても・・・

ヘルニア発症から2週間が過ぎました

おかげさまでロテは何事も無かったように元気にしています

いや、散歩ができない分、体力が有り余ってるかのように

家の中では元気過ぎるぐらいなので

ヒヤヒヤさせられることも多々有り

ほんまにヘルニアやったん?と疑いたくなるほどです(^^;


さて 

ワンコの血統書を提示することで血縁関係がわかるサイトがあります

いわゆる親戚探しサイトです

ロテも随分前に登録し 異母兄弟が何匹か見つかって

同じ広島県内にもお兄ちゃんがいることがわかり

「いつか会わせてやりたいね」と飼い主さんと話しています

そんな嬉しい出会いが続いてた中

最近になって7歳になる「従兄」が見つかりました

ただ、、その子は幼い頃に『進行性網膜萎縮症(PRA)』という病気で

失明していたことが飼い主さんより知らさせれました

これは遺伝によるものだということです

改めて病気を調べてみると

多くは原因不明の遺伝性疾患で6歳前後から発症することが多く

早いと1歳以下から夜盲症のような症状がみられるそうです

進行具合は個体それぞれですが いずれは失明します

また遺伝子を持っていても必ず発症するとは限りません

現在は特効薬や手術などの治療法はなく

発症や進行を遅らせると言われているサプリがありますが

それも医学的に証明されたものではありません

遺伝ということはロテもその遺伝子を持って生まれてる可能性があります

ロテと異母兄弟姉妹になってるワンコたちと

その従兄とは親戚関係に無いので

母犬側の血縁関係だとわかりましたが

遺伝子を持っているのが母犬側かどうかはまではわかりません

従兄の飼い主さんは

もし親戚が見つかれば知らせてあげようという思いで

悩んだ末に親戚サイトに登録したそうです


正直ショックでした

治る病気ならともかく 何もしてやれず

将来に不安を抱えたまま暮らしていくのかと・・

だけどこの病気に限らず 今回のヘルニア騒動のように

ロテにいつ何が起こるかわかりません

犬と暮らす以上 覚悟を持っていくことには変わりはありません

だからもし その遺伝子を持っていたとしたも

“これからも変わらず ロテとの暮らしを楽しんでいこう”

そういう思いの上で決めました

ロテの遺伝子検査をしてもらおうと。。


若に相談したのは今月の初めです

若は検査結果は100%信頼できるものではない

万が一遺伝子が見つかっても発症するとは限らないと

どちらかというと おすすめしない口ぶりでしたが

見つからなかったらラッキー♪

見つかったら『覚悟』ができます という私の意志を尊重してくれました

血液を採取して検査機関に送ってもらったのですが

同じ進行性網膜萎縮症でも ミニシュナの場合は(タイプA PRA)

と言って 日本では検査ができないことはわかりました

(因みに この病院でこの遺伝子検査を頼んだのは私が初めてだそうです)

そこで若に教えてもらったオリベットという検査機関へ

申し込もうとしてたところにヘルニア騒動勃発( ;∀;)

しかも検査機関もお盆休みに入り( ;∀;)

先週末 やっと申し込んでみました

その機関からの返信の一部を添付します↓

   
   ※ご連絡頂いたところ大変申し訳ありません、
    
    オリベットジャパンでは現在ミニチュアシュナウザーのPRAA検査を停止しており、
    
    お申込みをお断りしております。

    Optigen(オプティゲン:アメリカの大きな遺伝性疾患検査団体)の公式発表の中で、
    
    ミニチュアシュナウザーのPRAの原因因子として
    
    数年前に最初に見つかったPRAAが、

    その後の研究開発によって「それだけが原因ではない」ことがはっきりし、
    
    たとえその個体がPRAAがクリアであったとしても、
    
    他の原因因子によってPRAを発症する可能性があることが判明したからです。
    
    逆もあり、PRAAがアフェクテッドであってもPRA発症しない個体も出ております。

    Optigen自体からも今は「PRAAの検査結果だけを見て交配をするのは決して安心ではない」
   
    という見解が出ているため、
   
    日本ではミニチュアシュナウザーのPRAA検査を中断させて頂きました。
   
    (現在、2つ目に着目されている原因因子PRABの検査開発に

    着手しているところではありますが、まだご案内できません)

    ・・・・・・・・・・・・・・・・


つまり、、、

簡単に言うと Aタイプの検査をしてクリアになったとしても

Bタイプの検査をしないと確実ではない

そしてそのBタイプの検査は今現在できないということです

そんなハッキリしない検査を受けても意味がありませんよね

だから遺伝子検査は見送ることにしました

でも 全くと言っていいほど残念だとは思っていません

この病気を知った時と同じように

覚悟はしながらも これまでと変わらず

ロテとの暮らしを楽しむつもりです

実際 その従兄も含めてハンデを抱えながらも

がんばってるワンコを何匹も知っています

何があっても どんな病気になっても

正面から受け入れるだけのこと

それでもロテとの暮らしは尊いものに違いありません


今日は このメールのプリントしたものを持って

若に報告しに行きました

検査不可能なことに若は申し訳なさそうにしてましたが

「いい勉強になりました(^-^)」と私

病院の参考資料にとプリント用紙は預けました

そして 「あのですねぇ、、」と

家でのロテの元気な様子を報告し

散歩を許可してもらえないかとお願いしてみました

(実は こっちが今日の本題)

きっと却下されると思いきや

「そうですねぇ、、」とロテを触診した上で

「最初は5分からですよ!」とクギを刺されましたが

少しずつ距離を延ばす条件付きで許可を貰いましたぁ٩(ˊᗜˋ*)و

IMG_0648.jpg

ロテ 良かったね

これまでイイコにしてたご褒美だよ(^-^)

Comment

ゆずぽん  

物言わぬワンコ、心配はつきません。
遺伝による病気の有無、もう神様~って領域なのかと。
うちの先代は病気(がん)で亡くなりました。
ゆずもタンパク漏出性腸症と診断されて、うちの子たちはと悲しく思ったりもしました。
でも、mikiさんが言っているように、縁あってうちに来た子、なにがあっても自分たちが出来ることを精一杯やって、楽しく暮らしていこうと思ってます。
お互い、ワンコとの暮らしを満喫していこうね!
ロテたん、お散歩の許可出て良かったね♡
きっと過ごしやすくなる頃には、たくさんお散歩できるようになるね。
それまでは、5分のお外楽しんでね~

2019/08/22 (Thu) 13:35 | EDIT | REPLY |  

ポージィ  

こんにちは

ワンコの遺伝子検査というのもあるのですね。
何かあったときのために、青天の霹靂よりは覚悟もできるし、
なにか気を付けることもできるかもしれない、という思い
よく分かります。
けれど、遺伝子を持っているか否かだけでなく、ほかの要因も
ありうるのが現実かとも思います。
ロッティちゃんのこの先の日々がどんなものであれ、
mikiさんご家族が目いっぱいの愛情をもって共に暮らして
いらっしゃることは同じですし、あまり心配なさり過ぎずに
ロッティちゃんとの日々を楽しんでくださいね。
5分からお散歩タイムのお許しが出たんですね (^^)v
ロッティちゃん、嬉しくってはしゃぎ過ぎてはいけないけど、
楽しんでね。

2019/08/22 (Thu) 14:02 | EDIT | REPLY |  

miki  

To ゆずぽんさん

読んでくれましたか
いつもありがとう(*´︶`*)

ゆずちゃん 何か持病があるのかなとは思っていたけど
タンパク漏出性腸症、、調べました
散歩の時に便の回数が多いのも 
もしかしてそれが原因でもあるのかな
でも写真を見る限りでは とっても元気そうだし
きっとゆずぽんさんが しっかり見守っているからだろうと思います

思えばロテを迎えた時
ラムっちが旅立ってからあまり月日が経ってないことに対して
「ワンコとの楽しい暮らしを先代が教えてくれたからこそ、新しい家族を迎えられた。」
「そして、当たり前にその暮らしは豊かで楽しい」
そんな私と同じ思いのコメントくれてたよ
何があっても ワンコとの暮らしは楽しさが勝ってるよね

今朝はゴミ出し散歩に連れて行ったよ(^^)
明日はもう少し距離を伸ばしてやる♪

2019/08/22 (Thu) 17:40 | EDIT | REPLY |  

miki  

To ポージィさん

ありがとうございます♪

ワンコと暮らしていると何が起こるかわかりませんねぇ
遺伝子検査のこと ホントいい勉強になりました
確かに 遺伝だけが原因ではない病気もいっぱいありますよね
わかった時はショックを受けて悲しい気持ちになるけど
飼い主が下を向いてるわけにはいきません
だから「今」を大切にロテとの暮らしを楽しみますね♪

今朝 ゴミ出しついでに連れて出ました
それはもう嬉しそうに跳ねるように歩いてましたよ
もう帰るの?っていう顔もしてました
少しずつ距離を伸ばしてやろうと思います(^^♪

2019/08/22 (Thu) 17:46 | EDIT | REPLY |  

Add your comment