ロッティ 初めての試練

ラムっちが初めて手術を体験したのは2003年3月

背中にできた大きな腫瘍(良性)切除でした

その3年後の2006年8月には 乳腺腫瘍(良性)と避妊手術を行ってます

それ以後も なんだこりは?というカタマリやらが見つかって

その度に 検査、手術を乗り越えて来ました

今思うと ラムっちはホントによく頑張り

先生が驚くほど回復も早い元気なコだったなぁ。。

そんなことを思い出しながらロッティの避妊手術の日を迎えました


今朝から絶飲、絶食、まずはここから闘い?が始まります 

ラムっちの初手術の時と比べると 『ご飯まだですか?』と訴える姿は

さほどキョウレツではなかったけど 

IMG_0973.jpg

それでもこんな視線を浴びせられ・・・

FullSizeRender.jpg

段々諦めムードになっていき・・・

ごめんね ごめんね と言うしかできないことがやっぱり辛かったな


病院へ着いたのは10時半頃、、

待合室で 近所のウラン母さんにバッタリ会って

この前 義父の誕生祝いに家族みんなで外食しに出かけた晩

ロッティが遠吠えしてたと・・・w( ̄o ̄)w 定期的に鳴いてたそうですw( ̄o ̄)w

これはラムっちには無かったことで

(その代わり 腹いせにカーペットにオシッコしたりはあったけどw)

ロッティは寂しがり屋なんだと知らされました

今度から夜に留守番させる時は考えねばねば・・・( ̄  ̄;)


さて ごった返す受付周りが空いたので 受付へ出向き手術の説明を受けた後

おねえさんに抱っこされるロッティに「がんばるんだよ」と頭を撫でて帰って来ました

そして12:30頃

「血液検査は問題無かったので 予定通り手術させてもらいます」と若から電話

これね、、、私の記憶が確かならば

これまでは“検査で問題があったら電話する” ということだった筈

だから電話に出る時 検査で何か気になることがあったのかとドキドキしました

若、、ビビらせんとってー!(^_^;

まずは 異常が無かったことに一安心です

あとはもう 先生を信頼して ロッティの体力に賭ける

ラム姉ちゃんのように乗り越えてほしい

どうか無事に終わりますようにと祈ることしかできません


時計ばかりを見て過ごしても時間は長く感じるばかり

早目に夕飯の支度をしたり 

ロッティが居たら絶対できない ソファーにクリーナーつけたりと

ゴソゴソして時間を過ごしました

16:30 病院からの着信

またもや若からで「無事に手術終わりました」

ヤッター\(^o^)/

少し声がお疲れ気味だったので「お疲れ様でした」と言うと

「連絡が遅くなってすみません(^_^;)」

いやいや、、今日の午前の診察状態や

他にも手術が入ってたら(受付の人がそんなことを言ってました)

お昼ご飯は食べられないんじゃないか?と思ったぐらいなので

連絡は夜になるかなと覚悟してましたよ


ロッティ 生後8ヶ月、小さい体でよく頑張りました

麻酔から覚めた時 狭いケージの中で不安だろうけど

明日 仕事の帰りに迎えに行くから待っててね

会ったらいっぱい褒めてあげようと思います(^-^)


そして PC横に居るラムっちにも ありがとうを。。。

IMG_0977.jpg

Comment

Add your comment