ラムっちに教わったこと

私の犬のしつけのバイブル本 「ムツゴロウ王国 犬がよろこぶ しつけの学校」にある

石川利昭さんが書かれている『犬往生・大往生』

*喪失から継承へ* の中の一文↓

    
    生きものは他の生きものと深い関わりを持つことでしか生きて行きません。

    衣、食、住から始まり、健康に役立つ微生物まで、
 
    私たち人間は他の生きものたちと共生しています。

    その最たる存在が犬だと思います。



それを教えてくれたのが正にラムっちでした

節分の日 娘達と豆まきしながら

各部屋に撒いた豆を拾うラムっちの姿を思い出したり

この前 徳島県沖で地震があった時

こちらも震度1という小さな揺れを感じ その瞬間ラムっちを捜してしまったり

日常生活の中に ラムっちが大きく関わっていたことを痛感しています


亡くなって49日が経ちました

長いと感じた1月と比べると ラムっちの居ない生活に少しずつ慣れてきたのか

今月は時間が経つのが早いと感じています

・・とは言え 心の中のラムっちの居場所は変わらないし大きさも変わりません

今日はアレンジメントの花と

匂いだけで走ってやって来てたイチゴのショートケーキを供えて

今の想いをいっぱい伝えました



でもねぇ、、食いしん坊で遊ぶことが大好きだったラムっちのこと

ケーキを食べたらサッサとあっちの世界へ戻るような気もするんですよ(^-^)


IMG_6321.jpg


虹の向こうで元気に走り回っててほしいから

私を見た時に安心してもらえるよう 

嬉しいと感じてもらえるよう

また一歩 前へ進もうと思ってます

ラムっちは 私の笑ってる顔が1番好きだった筈だから・・・


IMG_6320.jpg

Comment

ポージィ  

こんにちは

おかしゃん そのとおりですよ♪
 
そんなラムっちの声が聞こえたような気がしましたよ~
ともに暮らしてきた時間も 悲しい別れすらも
mikiさんにとってラムっちとの全てが
深く結ばれた素晴らしい関わりだったと改めて感じます。
粘土でとったラムっちの足型、素適な記念ですね。
思いつかなかったぁ

2015/02/20 (Fri) 10:42 | EDIT | REPLY |  

miki  

ポージィさん

ポージィさんも経験されてるでしょうが
ふと寂しく感じたり 涙があふれることもありますよね
でもその度に、ラムっちが心配する と思って気持ちを切り替えるんです
私を、家族を楽しませてくれたラムっちに申し訳ないと。。

インスタの写真 見てくださったのですねm(_ _*)m
娘の思い付きだったのですが
マゴのオモチャ箱の中から出して来た100均の粘土が役に立ちました
爪の跡まで残った 記念の足型です(^_^)

2015/02/21 (Sat) 09:13 | EDIT | REPLY |  

Add your comment