Archive: 2008年11月

妹達がやって来た♪

 29, 2008

ゆず いらっさ~い♪ラムっちは大歓迎でお出迎えして ゆずはと言えば 初めて来た時もそうだったけど 2度目の今回もよその家に来たという感じではなくいきなり水を飲みに行ったり すっかり寛いでいた お土産に貰ったおそろ♪のセーターを着せてお散歩偶然 もみじが2枚 母達の願いはただひとつどうか どうかいつまでも元気で。。...

冬支度

 22, 2008

ここんとこ朝晩の冷え込みは真冬並みでヒーター、ホットカーペットと冬仕様になっている今日買った灯油は18リットル1390円ここから20円のクーポン券を使って1缶1370円自分で買いに行ったらもう少し安いんだろうけどうちは巡回で来てくれる配送センターのお兄さんから買っている[E:notes]かきねの~かきねのまがりかどぉ~寒いと感じるのは人間だけではなくラムっちも同じで散歩するのに裸族ではなくなった ...

なんやかんやとありまして。。

no image
 19, 2008

私の頭の隅に引っかかっていたこと。。まずは 職場の相棒Tちゃんの退職問題年内をメドに と考えているので いい加減患者さん達にお知らせしないといけない本当は次の鍼灸師が見つかって その報告も兼ねてお知らせしたかったけど残念ながら今の時点でも新しい人は見つかっていないもしかしたら年が明ければ来年春の専門学校卒業見込みの人が見つかる可能性もあるので それに期待してみようかと・・・改めて彼女が師長と話し合...

飼い主の心 わんこ知らず

 15, 2008

ラムっちお気に入りの場所=出窓は2階の私の部屋と娘の部屋の2箇所ジ~ッと佇んでいると外から見た人が「ヌイグルミ?」と間違えてくれちゃったりするので町内では“出窓の女”も有名かもしれない 呼んだ? 時には優雅に外を眺めたり 時には天敵[E:dog]に威嚇したりラムっちにとっては無くてはならない場所。。ただここへ上るには私や娘のベッドを経由しないと行けないそして 夜になると布団に潜り込んで来るのでこれま...

秋を感じに歩く、歩く。。。

 12, 2008

散歩コースから見える山の上にJRのバスの車庫があって その隣に公園らしきものがある昨日チワワコンビと散歩してるとK子さんが「行ってみる?」と言うのでお天気にも背中を押されて近くまで行ってみることにした小川が流れる谷に下りて狭い道を歩いて行き最後は長~い階段をゼェゼェ言いながら上って行く(お願いだからラムっち、、ウサギみたいにピョンピョン上らないでくれ)そうまでして傍で見たかったのは この樹々達の紅...

今度こそ。。。

no image
 11, 2008

娘がデイケアを訪れた次の日爆弾発言ばあちゃんUさんは私に 「娘さん まるで蝋人形のように色白で綺麗だったわぁ[E:lovely]」 と また突っこみたくなるような発言をかましスタッフの爆笑をかっさらった その娘 ジンマシンのアレルギー検査ではハウスダスト、なんちゃらダニ 稲科の植物が陽性という我が家はそないに汚れてるんかいな結果を貰った(築23年の[E:house]なら仕方ないそうです)そして隣の騒音問題は改...

土に還ったアル

 06, 2008

ラムっちの友達[E:dog]アル(ゴールデン♀)が逝ってしまってからもうすぐ2年が来ようとしているあの時の気持ちを思い起こすと今でも胸が熱くなります。。。昨日アル母K子さんから連絡を受けて納骨に立ち会って来た場所はアルが大好物だった柿の木の傍。。今年は豊作なのできっとアルが喜ぶだろうと時期も場所もK子さんが決めた土に還すという決心がついたK子さんの心の中を敢えて聞こうとは思わない声をかけてくれたことがただ...

ガリレオの苦悩

 03, 2008

2007年10月から放送されてた月9ドラマ「ガリレオ」  その映画版「容疑者Xの献身」ある日スポーツ広場で 全裸で指紋が焼かれ顔も潰された男性の死体が発見される被害者の身元が判明し 元妻、花岡靖子(松雪泰子)が容疑者として浮かび上がるが死亡推定時刻には彼女にはアリバイがあった内海(柴崎コウ)と本庁の草薙(北村一輝)から捜査の依頼をされた湯川学(福山雅治)は泰子のアパートの隣に大学時代の同期、...

おめでとう、、そしてありがとう

no image
 01, 2008

息子夫婦に将来の大きな夢(目標)ができたと聞いたのは今年のGWに大阪へ行った時だったその夢の端っこに私達夫婦のことも加えられていたので驚くと同時に2人の考えだと知って嬉しかったりもしたけど正直 話半分に聞いてたところがあったそれっきり そのことを話題にすることはなかったけど昨日嫁っこタミーの誕生日だったので電話で話した時「夢」の話を振ってみると「もちろんそれに向かってます」と明るく答えていたそして...