Archive: 2006年02月

三つ子の魂 百まで

 28, 2006

ラムっちは家の階段が苦手2階で生活してるので 仔犬の頃には落ちないように柵をしようと考えたこともあったけど一度上ろうとしてズリ落ちてからは階段は魔の場所だとインプットされてしまったお陰で一階へ下りる時は抱っこしなきゃなんないんだけど おりれましぇん。。。なんとかしてくだしゃいっ上る時もリードを引っ張ってやって勢いつけて一気に上がることはできても自分からは上ろうとしない、、抱っこを待ってる軟弱...

♪あなたのお名前 なんてぇの?

no image
 25, 2006

ほとんど近所付き合いしない私が唯一ご近所さんと話すのは散歩で会った時ぐらい昨日 向かいのお家の奥さんに会った時「お兄ちゃんは元気してるの?」と聞かれ当然 息子のことだと思ったらダンナのことだった亡くなった義母とよく話をしていたのでその息子ということで 今でも「お兄ちゃん」と言ってしまうらしい「そのお兄ちゃんも もう50歳過ぎましたよ(^o^)」と言うと 目ん玉おっぴろげでビックリしながらそれでも やっ...

そりゃもう大騒ぎさ

no image
 24, 2006

子供の頃から ひとつのものを続けるだけでも大変なことなのに荒川静香さん あなたは本当に凄い人です!金メダル おめでとうございます♪ヽ(*⌒∇⌒*)ノ::・'°☆。.::・'°★。.::・'°☆。久しぶりにドキドキしながらテレビを見た最初のジャンプが決まった瞬間 ホッとしたのと同時にあとはもう 何故かウルウルしながら画面に釘付け演技が終わった時には 思わず拍手をしてしまった仕事から帰ってテレビをつけるとワイドショーもニュー...

「嫁」が「娘」に思えた日

no image
 23, 2006

だいたいの到着時間を言っておいたからか葬儀場の入り口付近で息子は出迎えてくれた少し疲れた顔をしていたかな。。その直後 タミーは私の顔を見た瞬間泣き出したので「よく頑張ったねぇ」と思わず抱きしめた着物に着替えられたお母さんと久しぶりの対面遠方から行ったことを喜んでくださり「○○くん(息子)が すぐ駆けつけてくれたので助かりました」と涙ながらに話されたそっか、、息子は役に立ったのか、、棺に入ったお父さん...

覚悟はしていたけれど・・・

no image
 21, 2006

「結婚したい」息子がその意志を固めてタミーと一緒に実家に帰って来たのは今から4年以上も前のこと。。。“若さ”が気にならないと言えば嘘になるけど(二十歳で結婚した お前が言うなってか(^o^))二人の想いが真剣だったので反対はしなかったただ こっちは良くても 娘の親となると話は違ってくるその上 式は挙げたくない という部分も少し引っかかったタミーのご両親は私達夫婦よりずっと年上で入籍だけ済ませて お金かけ...

人の心

 18, 2006

うん十年も生きてくると 「人生色々」という言葉が ドラマや映画の世界だけでなく 現実の出来事として実感することが多くなってきたバリバリ仕事してる人でも病を抱えていることもある久しぶりに会った人が痩せていたとする痩せる=ダイエットと単純にとらえて何気なく「痩せたねぇ」と言うと 実は病気のせいだったり結婚して数年経って夫婦だけでいると「子供はまだ?」と当然のように聞く人もいるけど実は欲しくても授からな...

またか・・・

 17, 2006

去年 退職した元スタッフから手作りのお雛さまを貰った親しかったスタッフに配るつもりのようで紙袋の中には 着物の違うお内裏さまとお雛さまがいっぱい。。私が ちょっと渋めの着物を選ぶと 他のスタッフまで意外そうな顔をしたので「ほらぁ~性格が地味だから♪」と言ったら全員引いた(-_-)女の子がいるお家には 雛人形があると思う何段飾りという豪華なものからケースに入った出し入れ簡単なものまで種類も色々。。でも娘が...

泣ける映画=好きな映画

no image
 15, 2006

ブログ人のTB練習台「何度見ても泣いてしまう映画はなんですか?」子供の頃「ロミオとジュリエット」を見て大泣きしたオリビア・ハッセー、レナード・ホワイティング主演帰りのタクシーに乗ってからも思い出して涙が溢れてあのニノ・ロータの物悲しい曲は当分頭から離れなかった多分 あの頃に1番泣いた映画じゃないかなぁ。。。ただし大人になって ディカプリオ主演のリメイク版は泣けなかった子供の頃から涙腺が弱いので涙が浮...

我が家のバレンタイン事情

no image
 14, 2006

テレビで “今年辺りから義理チョコはやめたい”と OL達は考えてると聞いた大きな会社だと 何十個も配るらしいからそりゃ 本音はやめたいだろな遠い昔。。。ダンナが何個貰ってくるか少し楽しみな頃もあった当時は 人と接するお店に勤めててオバちゃんや高校生のお客さんから沢山貰ってたダンナとは言え 義理でも貰える方が嬉しかったりしたもんだ娘は自分が食べられるから 別な意味で楽しみにしていたしだからバレンタイン...

寒さもへっちゃらむっち

 10, 2006

ホットカーペットでラムっちとゴロゴロしていたら6年前 この寒い時期に我が家へ来たことを思い出して当時書いてた「育児日記」を引っ張り出してみた2月10日は 私が身内の用事で大阪へ行っていたmiki家に来て2週間が経ち やっと慣れた頃なのに母親わんこのいる実家と妹わんこの家へ二日間づつ預けて計4日間 ラムっちも里帰りをしてる真っ最中だった私が帰った日の日記には「気になって仕方なかった」「早く帰りたかった」...