ラムっちがやって来た

今朝見た夢です


私は車で出かけ あちこちへ行き用事を済ませると

一緒に出掛けた筈のロテが居ないことに気づきます

(そんなことあり得ない( ;∀;))

どこで居なくなったのかも思い出せず焦りまくる

(絶対あり得ない( ;∀;))

場面が変わり自宅(実際の我が家とは違う)に戻ると

門の前でリードを付けたままのラムっちが居ました

「ちゃんと家に帰って来てた!」と驚くとともに

「やっぱりラムっちは賢いなぁ」と感心する私

(居なくなったのはロテではなかったのか?)

そしてまた場面は変わり今度は家の中

リビングでラムっちとロテがジャレ合って遊んでます

それを嬉しそうに眺めてるところで目が覚めました


IMG_5448.png



実は昨夜から今朝にかけて

ちとイラつくことが重なり気分が滅入る朝でした

そしたら思い出したんですよ この夢を見たことを。。

記憶のある限りでは ラムっちが夢に出てきたのは

何年ぶり?と思えるぐらい久しぶりのこと

若かったのかなぁ、、元気で活発なラムっちでした

しかもロテと遊んでるなんて

たとえ夢の中とは言え 

叶えられなかった多頭飼い 

叶えられなかった2ぴきを会わせることができたのです

なんだか急に気持ちが明るくなって

それまでのイライラは吹っ飛んでしまいました(単純なヤツ)


13歳後半のラムっち

IMG_1817.jpg
2013年 9月


IMG_2001_20190427120747cd3.jpg
2013年10月


老いを感じ始めた時期だけど

オモチャで遊び 散歩も大好きだったね

ねぇ ラムっち

あなたは今でも私のビタミン剤だよ

思えば長いお付き合い

無事に退院し 自宅で静養中のダンナと

膀胱炎を完治し 普段通りの生活をしていた私が

旅行から帰った義父の胃腸炎の菌を土産に貰って

(おそらく正体はノロウイルス)

夫婦揃って今週の月曜日に発症し峠は越したことはさて置き

記しておきたいのはロテのカイカイと動物病院のことです


IMG_5276.jpg



ロテの背中に小さな湿疹が 出ては消えを繰り返してました

痒がることはなく 前に診てもらった時に出してもらった

薬用シャンプーで対処できる程度でした

ところがここ最近 シャンプーしても治まるどころか広がってしまい

また足先を舐める回数も増えてきたので

診察を受けたのが先週の水曜日(13日)

症状を診た若が「今回は薬を飲みましょう」と

抗生剤を1週間飲ませて再診となりました

もし薬が効かなかったらアレルギー検査を受けようかと言うと

反対こそしない代わりに料金の高さを気にする若でした

診察を終えて 何気なく受付のカウンターのカレンダーを見ると

1週間後の水曜は「○○(若の名前)休み」と書いてあります

思わず診察室で次の患者さんを待つ若をに声をかけると

「忘れてました(^^;」と。。。

20日は子供の小学校の卒業式なので休みますと笑顔(^-^)

・・・ってことで 翌日の21日に予約することにしました

背中の湿疹は薬を飲ませ始めて3日目で効果が表れ

20日にアヤちゃんにトリミングしてもらったら

ほとんどわからなくなりました(^^♪

まだ足先は舐めるので昨日は予定通り診察、若と相談です


抗生剤が効いたということは

背中の湿疹は

シュナウザー特有の『面皰症候群(ニキビのようなモノ)』か

『膿皮症』が考えられます

背中は良くなったけど これまで通り薬用シャンプーと

足先は前にも処方してもらった塗り薬で様子見となりました

再度アレルギー検査のことを言うと

う~ん、、と悩み 体全体に症状が出るわけじゃないし 

やっぱり料金を気にされます(^-^;

ネットで下調べした通り5万円ぐらいかかるそうです

例年なら狂犬病の予防接種もする時期なのですが

足先のカイカイが落ち着いてからとなりました

なんかね、、ラムっちの頃と比べると慎重なんですよねぇ

確かにラムっちに比べるとロテは体力が落ちると感じますが

もしかしたら若も年齢を重ねたからかな?なんて思ったり。。


初めてこの病院へ行ったのは2000年の7月

しばらくは院長先生に診てもらってたのが

いつからか若が主治医となり今に至ります

主治医となったのが5年後だとしても もう14年も前

若くてイケメンだから 娘と「若」と名付けました

それからお子さまが生まれて 今年は小学校を卒業とは.。o○

診察の最後にお祝いを言うと

式の様子を笑顔で話してくれました

そしてこれまでの歴史を思うと感慨深いことも伝えると

テレ臭そうに頭を下げる若でした

本当は院長の右腕、、

気安く「若」なんて呼べる先生ではないのですが

私にとってはいつまで経っても 

信頼と親しみを込めて「若先生」なのです


そう言えば待合室で待ってる時に

どれだけ待たすのかと受付で怒る人がいました

丁寧に説明するスタッフに対しても腹の虫が収まらない様子

何らかの理由でワンコが入院してるのか預けてるのか

夫婦でお迎えに来てたようです

うっかり忘れられてるならともかく

文句を言ったところで焦らすだけだし

待合室の空気を悪くするだけなのになぁ。。

なんて思いながら忙しく動くスタッフたちを見ていました

同じ医療関係の仕事をしているので

あちら側の気持ちにもなれるってこともありますが

19年ものお付き合い、、単純なことでは怒る気にはなりません

昔は2時間待ちも珍しくありませんでしたからね

逆に一日の診察時間が短くなり患者さんが減ったことで

経営的には大丈夫なんだろか?と

余計なお世話な心配までしてたぐらいですσ(^_^;


初めてロテを連れて行ったのが2015年4月

ラムっちとの記憶がよみがえって

若の顔を見て涙が浮かんだ日から4年が経とうとしています

これからも ず~~~っとよろしくお願いしますね(*´︶`*)


IMG_5290.jpg

  病院こわいけど がんばるです byロテ